忍者ブログ

 寒河江弘 近況

   寒河江の活動報告はこちらで。 ( 「鬼将軍」は2010年7月に解散しました。)

【緊急告知!!】「応援ありがとう!ウルトラマンサーガ感謝祭」

御礼です。

「ウルトラマンサーガ感謝祭」にお越しくださった皆様、
お手伝いくださった皆様、本当に有難うございました!

バタバタ&グダグダの進行で個人的に反省多数ですが、
わずか3日前の告知にもかかわらず、120人以上のお客様!
物凄い熱気、スタッフゲストお客さんの一体感、
おかげさまで大成功のイベントとなりました!

そして、引き続き「ウルトラマンサーガ」応援宜しくお願いいたします!

寒河江 弘



応援ありがとう!

ウルトラマンサーガ感謝祭

只今全国で絶賛公開中の映画「ウルトラマンサーガ」!
皆様のご声援に感謝し「ウルトラマンサーガ」トークライブを急遽開催することとなりました!

■4月13日(金)19時より

■ワンフェスカフェ
 (JR秋葉原駅から徒歩4分「AKIBAカルチャーズZONE」地下一階)
 http://www.wfcafe.net/

■入場無料
 (飲食店なのでドリンクなどワンオーダー以上は必要です)

■登壇ゲスト(予定)

  三池敏夫 (特技監督)
  原文雄  (音楽)
  鹿角剛司 (VFXプロデューサー)
  寒河江弘 (フィギュア作家・遊星ジュラン怪獣造形)
  おかひでき(監督)

遂に「平成ガメラ」や「ゴジラシリーズ」の驚愕のミニチュアワークでしられる三池特技監督が
WFカフェに降臨!おか監督とともに「ウルトラマンサーガ」の特撮の秘密を語りつくします!

また「サーガ」以外にも多くのウルトラシリーズの音楽を手がける原文雄氏がキーボードを持ち込んでエピソードと共に「ウルトラマンサーガ」の劇伴の魅力について自ら解説!

VFXプロデューサー鹿角剛司氏によるウルトラマンサーガCGのコンセプト解説や、
絶滅寸前のコスモス怪獣を蘇らせた男、寒河江弘氏の裏話も必聴!

もちろん、おかひでき監督も「ウルトラマンサーガ」を熱く語ります!

このイベントは、サーガを応援してくださったファンの皆様にスタッフ一同が「感謝する」会です。
当日「俺も感謝させろ!」と乱入するスタッフがいるかもしれません。お楽しみに。

また店内の展示スペースでは、
門外不出の「ハイパーゼットンギガントひながた」!!や
寒河江弘制作の、劇中で使用された「遊星ジュラン」のコスモス怪獣たちフィギュア、
ホビージャパン誌で使用した作例ジオラマ、タイガ・アスカ・ムサシフィギュア、
4月18日に発売予定の小学館「ウルトラマンサーガ超全集」の模型等々、
さらにあれやこれやのここでしか見られない特別展示も企画中。

夜7時からですが、途中入場も可能です。
開始に間に合わないというお仕事帰りの方も是非お立ち寄り下さい。

また現在調整中ですが、お越しになれない遠方の方のために、後日、USTによる映像配信も計画しております。

写真やサイン、握手、本音全開の質疑応答など可能な限りオープンなイベントにしたいと思っています。

このイベントを体感すれば

次回のウルトラマンサーガご鑑賞が

100倍楽しくなります!!

皆様、お誘いあわせの上、是非お越し下さい!


■登壇ゲストプロフィール

三池敏夫(ウルトラマンサーガ特技監督)
61年生まれ熊本県出身。
84年上京後『劇場版超電子バイオマン』で㈱特撮研究所に入社。『巨獣特捜ジャスピオン』後半にて特撮美術デザイナーデビュー。以後『超人機メタルダー』、『仮面ライダーBLACK RX』等を担当。その後フリーランスとして『ガメラ 大怪獣空中決戦』、『ガメラ2 レギオン襲来』『ガメラ3 邪神覚醒』、『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』、『ゴジラ×メカゴジラ』、『ゴジラ FINAL WARS』、『日本沈没』等で特撮美術を、『ゼイラム』、『クロスファイア』で美術を担当。特に平成ガメラシリーズでの驚愕のミニチュアワークは大きな話題となりハリウッド映画『Kill Bill: Vol.1』でも大いにその手腕を発揮する。その後、特撮研究所に復帰し『黒部の太陽 (テレビドラマ) 』、『隠し砦の三悪人 』、『ハッピーフライト』の特撮美術を経て『大魔神カノン』で特撮監督デビュー。

原文雄(ウルトラマンサーガ音楽) 
71年生まれ神奈川県出身。
尚美学園短期大学作曲科にてクラシック・現代音楽の作曲を学ぶ。02年ロックバンド「サンダルバッヂ」のキーボーディストとしてメジャーデビュー。04年にバンド脱退後は、クラシック・現代音楽の作曲、アーティストへの楽曲提供、アレンジ、レコーディング、激伴音楽の作・編曲などの活動を行う。近年では円谷作品の参加も多く、『大怪獣バトルNEO』、『ゆめまち観音』、『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』、『ウルトラマンゼロ外伝キラーザビートスター』等の作品に作曲や編曲で参加しておる。

鹿角剛司(ウルトラマンサーガVFXプロデューサー)
66年生まれ秋田県出身。
東京デザイナー学院卒業後、オプチカル合成会社「デン・フィルム-エフェクト」に入社。タイトルデザインを始めとして黒澤明監督の『夢』や『帝都物語』等のVFXに携わる。
その後、企業向けの展示映像やゲームのCGディレクターを経て、2004年にVFXを中心とした映像制作会社スタジオ・バックホーンを設立。VFXスーパーバイザーとして視覚効果の第一線で活躍し、『夢十夜』、『片腕マシンガール』、『東京残酷警察』、『赤んぼ少女』、『ロボゲイシャ』、『激情版エリートヤンキー三郎』、『戦慄迷宮3D』、『戦闘少女』、『吸血少女対少女フランケン』、『ヘルドライバー』、『電人ザボーガー』、『ゾンビアス』などを担当。TVドラマ『古代少女隊ドグーンV(ファイブ)』では、初監督も務めた。

おかひでき(ウルトラマンサーガ監督)
66年生まれ広島県出身。
大学在学中より多くの自主映画を監督し91年兵庫県伊丹市の出資で16㎜映画「ひとけたの夏」を製作。以後助監督として「平成ゴジラシリーズ」等数々の作品に携わる。97年より、円谷プロ作品に参加。「ウルトラマンダイナ」以降、数々のウルトラマンシリーズを経験する。監督作品としては、『893239/冬の盃』『魔弾戦記リュウケンドー』『トミカヒーローシリーズ』『ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』など。



(何か更新事項がありましたら随時お知らせしますので、開催日までコチラをチェック宜しくお願いいたします。)








~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
PR

× CLOSE

× CLOSE

Copyright ©  寒河江弘 近況 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]